[「The Dead End of Progress」

私達の知らない所で無数に存在する並行世界。
ここはその中の一つ。

恒久的な平和の代償として歩みを止めた世界。
其処に住む人々は何かに疑問を持つ事をせず、
自分に与えられた役目を全うするだだった。
日常に退屈しながらも自分を役割をこなす一人の男、
彼もまたその人々の一人に過ぎなかった。
彼の運命が狂い始めるまでは。