「The Savage Garden」

私達の知らない所で無数に存在する並行世界。
ここはその中の一つ。

太陽の接近により地上で生物が住めなくなった世界。
人間は地下にコロニーを作りそこに住む事で延命措置をとる事にした。
作業用ロボットにより急速に作業が進められ人口の8割を失いながらも何とか地下へと逃げることが出来た。
圧倒的に労働力が足りない人間は、ロボットに労働を押し付ける事で解決を図り、
様々な問題に対処する為にロボットには人間の思考回路に近いプログラムを組み込まれた。

その時はまだこれが正しい選択だったと人間は信じていた。
機械が人間を不必要と認識し、人間を捕まえ自分達の燃料へと作り変え始めたあの日までは。
機械に何もかもを奪われた少女は、今この瞬間も運命に翻弄されている。